後ろ振り返って

こんばんは。森川です。

 

こちらのブログでは久方ぶりの投稿です。

 

今日は自分のネパール研修を振り返る機会があったので、ゆっくり腰を落ち着けて(テスト期間だけど笑)、自分にとってのネパールでのボランティア紀行と、これからの自分のあり方について、丁寧に言葉にしてみようと思います。

 

---

・僕にとってネパールでの6週間の研修とは

 

"自分に目を向けるきっかけ"

そして、

"自分に合った生き方の発見"

出会ったと思う。

 

ネパールに飛び立つ前、僕は"一生通して貫ける目標を見つけたい"という思いがあった。

結局、その思いは遂げられなかった。しかし同時に、今の僕に必要なことはそれではないということ、そして今の僕にとって必要な"目標"の定義はそれではなかったとかがつけた。

飛ぶ前は、自分のやりたいことを見つけることが、この思いを達する手段だと思っていた。

 

でも、今思っていることはそうではない。

"やりたいこと"というのは"自分のありたい姿"と、"自分が関わっている領域"の掛け算なのだと誰かが言っていた。

自分が大切にしたいのは、それだと思う。

まずは自分のありたい姿を見つけなければならない。

 

 

・自分のありたい姿について

自分がどうなりたいのか、それもひとつ、自分にとってのテーマであった。そこに意識的にも無意識的にも、向き合っていた6週間かなと思う。過去の自分は、周りからあるべきとされるあり様に、自分を押し込めようとしていたのかなと感じる。"他者に貢献する"とか、"社会の中で価値を発揮する"といった生き方だ。

 

しかし、多分僕が心の底で求めているものはそれじゃない。

 

自分が満足すること。そこに他者が入り込むことは多分ない。今のところはなかった。

僕の決定軸には他者は入らない。

 

それでいいと思う。

徹底的に、自分は満足できるのか、自分を肯定できるのかを問い続け、それに従う生き方をしたいのだと。

 

だからこれからは、ひとまず、自分が何に満足するのかを、幅広く経験していく中から、見つけ出していきたい。自分の小さな感情の揺れ動きを、見逃すことがない様に。

 

 

最後に、

”Be the Hero, Be the fucking Hero”

この言葉を信念として、持ち続けていたいと思う。

 

 

 

感謝の言葉で埋め尽くす

こんばんは、森川です。

 

ネパールの孤児院 Possible Nepalでのボランティア生活は、今日で42日目を終えました。

 

今日は、孤児院を掃除していました。

来た時よりも美しく。

これが僕のけじめです。

f:id:haruki-morikawa:20181002004711j:image

明日、昼の便でネパールを発ちます。

 

ここまで来ると、感慨深い。

 

屋上から眺める月夜の美しさ。

これを見るのも今日で最後か。

 

思えばこの屋上に入り浸り出したのは、どうにも何をするべきなのか、迷いの中にいた頃。

 

お世話になりました。

 

--

今日はタイトルの通り、感謝の言葉でこのブログを埋め尽くそうと思います。

 

 

まず何よりも、この6週間、生活を共にしてきたPossible Nepalの皆さん、ありがとうございました。

院長のKapil、どうしても考え方に納得できないこともあった。でも、あなたはあなたの持ち得る限りの可能性の中で、選び抜き、それに対して真摯に向き合っているだけなのだと、今では理解できます。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

子供達、Rejina, Anmita, Mission, Denish, Kirti, Anish, Arun, Monisha, Monita, Anupa ありがとう。いつも腕白で、底知れぬ明るさを見せてくれた君たちのおかげで、僕はまるで兄のような親しみを感じながらここで過ごすことができました。

毎日料理を作ってくれたアンティさん、ありがとうございました。僕にとってダルバートとはあなたの作ってくれるもののことを指します。

Kapil一家の皆さん、ありがとうございました。僕が安心して過ごせるよう、たくさん助けてくださって、本当に助かりました。

Gyanebdra、ありがとう。一番年齢も近くて、同じくここで働いている大学生ということもあって、たくさんお世話になりました。頑張れ。

 

Possible Nepalの皆さん、何事にも変えがたい、かけがえのない6週間をありがとう。

 

 

Possible Nepalで出会った2人のボランティアメイト。

Norbertas、2週間という短い時間だったけど、あなたと過ごせて光栄でした。本当にありがとう。あなたがいたから、僕はこれからの生き方の方向を、見定めることができました。あなたは他にとってのヒーローや。

Kate、ほんの数日だけの短い期間だったけど、お世話になりました。ありがとう。あなたが子供達にヨガを教えているその空間には、寺院のような不思議な落ち着きと、見せたがりの子供達のあらん限りの子供らしさが溢れていました。

 

そして、何かの不思議な縁で、ここで出会った方々、お世話になりました。ありがとうございました。

 

滝沢さん、2度もお会いさせていただいて、SNSでもたくさんの言葉をくださって、本当にありがとうございました。お話からは、たくさんの刺激を得ていました。加えて、やはり僕にとっては、日本語で話している時が、一番Homeを感じるようです。一緒に食事をしている時に、まるで何年も過ごしてきた日本にいるような、不思議なフラッシュバックする感覚がありました。これからも、もっとたくさんの一瞬一瞬を、シェアさせてください!

 

宋さん、わざわざPossible Nepalまで出向いていただいて、まだまだ新参者の僕にたくさんのことを教えて頂いて、ありがとうございました。宋さんから教えて頂いたことは、最後の最後まで、知識として、僕の生活を支えてくれました。それに、まさかネパールに来てOSの話ができるとは全く思っていなかったので、凄くありがたかったですし、安心感を感じていました。またお会いできることを。

 

 

Gyan Bhumi Schoolの校長、お話聞けて光栄でした、ありがとうございました。学校を案内してもらったり、たくさん聞かせて頂いたりする中で、あなたのPassionに共感していました。日本に帰ってからも、僕が架け橋となり、共に子供達の未来のために、創り上げて行けたのならと思います。また明日の朝、直接挨拶しに行きます!

 

RandallとBryan、2日という短い時間でしたが、2人の熱意溢れるプロジェクトに関われて良かった!ありがとうございました。Facebookで2人のプロジェクトのこれからを、楽しみに見ていきたいと思う。

 

 

ほとんど毎日のように通った村の食堂のおっちゃん。僕のネパール生活を胃袋から支えてくれてありがとうございました。食べ物と食生活がひとつ小さくない問題となっていた中で、あなたのお店のモモは、僕を救ってくれました。きっとあの味を懐かしむこともあるだろうなぁ。

 

 

その他、僕が出会ってきたネパールの皆さん、ありがとうございました。初の途上国での長期滞在ということで、心配していることばかりでしたか、ネパールの人たちはみんな優しく、困っていたら助けてくれるし、笑顔でHelloって挨拶してくれるし、嬉しかったです。ネパールに来てよかった。

 

 

 

そして、AIESECのみんな、まだ終わってないけど、取り敢えず。たくさん世話かけました。ありがとうございました。

 

AIESEC in Kathmandu のみんな。

Jeebika、マネージャーとして、助けてくれてありがとう。色々なところに連れていってくれ、孤独や不安を感じることもあったここでの生活の、大きな支えになりました。来たばかりの頃は毎日連絡をくれ、安心できました。

Subas、たった一度しか会えなかったけど、来日前の諸々から、助けてくれてありがとう。一度しか合わなかったのに、フランクに、冗談言い合ったりして、凄く楽しかった。

Palina、君とも一度しか会えなかったけど、IPS、そして市内の案内も、してくれてありがとう。来た直後だったから、まだまだ不安がたくさんの中で、一緒に観光できただけで、心が軽くなった。

そのほかKathmandu LCのメンバー達。IPSではお世話になりました。そして、このような機会を与えてくれて、ありがとうございました。

 

 

そして何より、AIESEC Osaka University Local Committee の皆さん、この研修期間、お世話になりました。ありがとうございました。

ちゃん、こんなにコンサルするとは思わんかった笑 週2〜3回通話してたかな?笑 ふとした時に孤独を感じてしまうこともあるここでの生活、どうしたらいいのか全く見えなくなってしまう時もあるここでの生活。そんな中で、コンサルとして、話していた時間は、とてもありがたかった。話すことで文言化できることはたくさんあるし、話しながらここでの自分について、気がつけたことも多かった。それに、単に愚痴をいうことも、心を軽くしてくれて、大きな助けになった。1人じゃない、支えてくれている人がいるって思えることは、何よりも安心感を与えてくれた。本当にありがとうございました。まだまだ頑張って行こう。

 

その他、たまにコンサルで顔見せてくれたOSのみんな、オンラインMで度々お会いしたOSのみんな、応援してくれたOSのみんな、ハッパをかけてくれたOSのみんな、ありがとうございました。またたくさんお話しましょう。

 

 

 

そして、ここに書ききれなかったけど、このボランティア生活を送る中で、もしくはこの生活へと向かう中で、お世話になったその他大勢の方々、本当にありがとうございました。

みなさんのおかげで、大きな問題もなく、ひたすら自分に向き合う苦しい6週間を、充実したものとして今、終えられるというところまで来ました。

 

 

 

総じて、色々な人に支えられた6週間だった。

長かった。けどあっという間だった。

きっとここを去って、客観的に見れるようになって初めて、果たして僕がここで何をできたのか、何を得られたのか、わかるだろうと思う。

 

 

別れは寂しい。

 

けど、別れの先に、たくさんの楽しみをも見出している。

 

ありがとうございました。

少しでも、感謝を伝えられたなら。

 

 

 

来てよかった。

境界の歪み

こんばんは、森川です。

次の火曜には飛行機の中。

 

今日は市内で最後の休日を過ごしました。

--

 

夕暮れ時。

Garden of dreamsの前の交差点。

ココナッツをかじりながら、ココナッツ売りのおじさんと肩を並べ石段の上に座り、行き交う車を眺めていたその時。

 

もう帰るんやなーっていう思いが込み上げてきた。

 

この感情を言葉にできない。

 

だから少なくとも、この光景は目に焼き付けとこうと思った。

f:id:haruki-morikawa:20181001015258j:image

自分は何ができたのかとか、自分は何をしてきたのかとか、振り返るのはまだ早い気がする。

少なくとも今ではないことは感覚的にわかっている。

 

その中で、ひとつ確かなのは、僕はここに故郷のような思いを抱いているということ。

それがこのような感傷的な気分を作り出す一端を担っていることは間違いない。

 

生活している中で、境目がわからなくなる瞬間がある。

ネパールのハエが飛び回るシミだらけの小汚い食堂にいるのにも関わらず、自分が日本にいる時と同じ心の状態でいることにハッとする。

どこからかクラクションの聞こえてくる緑に囲まれた穴だらけの土路を歩いている瞬間に、家にいる自分のと同じ感覚を抱いていることに気がつく。

 

日本-ネパール

この境目がわからなくなる。まるでカメラのフィルターを切り替えたみたいに。

 

もしかしたら、最初から境目なんてなかったのかもしれないし、もしかしたら、自分がここに対して19年間暮らして来た日本と同じ感情を抱くようになったのかもしれない。

もしかしたら、潜在的なホームシックが優しく急激に首をもたげて来ただけなのかもしれない。

 

ただ、この感覚は美しい。充実感を与えてくれる。不安と喜びを与えてくれる。

そして懐かしさを呼び覚ます。

 

この感覚を抱けたことは誇りに思っていいだろうと思う。

意識が混濁しているような、視界がふらつくような、そんな感覚だけど。

 

この感覚を言葉にすることはできまいか。

 

 

僕にとって、この感覚を獲得することがどれほど大事なことなのかは、とにかくはっきりしている。

 

--

 

今日は、午前中はナラヤンヒティという宮殿跡博物館に行ってきました。

すごかった。

宮殿というだけあって本当に豪華。

すごく高そうな芸術品、すごく高そうな絨毯、そこらかしこに巨大な動物の剥製...

 

ネパールにいるとはとても思えないような、がっつり宮殿!という感じの豪華絢爛さでした。

 

中には日本の皇族の方とネパール王室の方が写っている写真があったり、日本の総理大臣の方が写真を残していたり、日本がや日本芸術の品が飾ってあったりと、日本とネパールのゆかりの深さを実感する品々も見えました。

 

ただ、宮殿ってこのようなものなのかもしれないけれど、すごいごちゃ混ぜやなあっていう印象を抱きました。ネパールの伝統、西洋的な建築、ヒンドゥー建築、東アジアの品々、堂々たるふかふかそうなベッドにブラウン管テレビ。

 

色々な面でごちゃ混ぜで、彩り豊かで、でもちゃんとひとつの空間を形成していて、そんなところもまた面白いなと思いました。

 

ちなみに、王家の家紋みたいなのが格好良かった。

ミュージアムショップがあったらきっとストラップを買っていただろうなと思うくらいに気に入った。

反対向きにした三角形を2つ重ね合わせて、真ん中には剣。

いいなあ。

 

一度は行ってみる価値があるんじゃないかと思います。

f:id:haruki-morikawa:20181001015334j:image

 

午後は、僕のこのボランティアの受け入れ機関アイセックのネパール支部のメンバーの僕のマネージャーと食べ歩きの観光をしてきました。

 

良かった。

 

バナナラッシー、ソーセージ、ラフィンやスノーマンカフェのプリン。

大満足。

 

スノーマンカフェのプリンはマジでうまかった。

コーヒーがあれほど引き立てられる食べ物もなかなかないだろうなあ。

 

f:id:haruki-morikawa:20181001015353j:image

色々とぐるぐる回って、garden of dreamsの交差点で別れました。

--

 

人と出会うことの一番の価値って、”さよなら”が作り出されることじゃないかと思う。

 

出会いと別れ。

 

別れの方が、何倍も美しい。何倍も重たい。

 

 

明後日には、”さよなら”を告げなければならないこの日々。

 

どのように自分は去るべきだろうか。

どのような別れが自分にとって理想だろうか。

 

明日は明後日の満足のために生きよう。

手紙

こんばんは、

森川です。

 

あと明々後日には帰るんやなぁという現実離れした思いが忍び寄ってくるこの頃です。

 

今日は、手紙プロジェクトのメイン、子供達に日本の中学生たちへの手紙の返事を書いてもらいました。

 

 

 

このプロジェクトに期待していることとしては、

1. 孤児院の子供たちに対して

  外の世界とつながる経験

  自分が手紙をもらったと認識する機会

 

2. 日本の中学生たちに対して

  途上国に対する知識を深める機会

  支援のあり方を考察する機会

  実際に行動を起こす経験

 

3. ネパールの孤児院/学校に対して

  必要な物資の提供

  ロングタームの関係構築

 

があります。

 

 

子供達とずっと過ごしてきた中で、数々の言動から、この孤児院-学校という狭い世界の中で生きてきた彼ら心の奥底には、もっと広い世界への渇望があることを感じていました。

 

・朝から晩まで孤児院で働いている僕に、つまらないと感じないのと聞いてくる子供達

・all japaneseにも関わらず、僕が持ってきた地球の歩き方を食い入るようにキラキラした目で眺めている子供達

・手紙を発見した際、なんて書いてあるのか、教えて教えてと、せがんでくる子供達

などなど

 

 

実際に手紙を書いてもらって、その光景を見て、

やってよかった

と実感しました。

 

すごく楽しそう。

 

何を書くべきなのか照れながらも、それでも嬉しそうに、受け取った手紙をじっと読み込んで、一生懸命描いてくれる子供達。

 

全員がしっかり、時間をかけて、個性豊かな手紙を書いてくれました。

 

こんなに夢中で取り組んでくれるとは、予想以上でした。

 

 

多分、これまで世界各国から訪れるボランティアと関わってきて、たくさん貰うことはあったのだろうけど、自分たちから何かを届けるという経験は、ほとんど無かったんだろうなぁ。

 

 

受け止めた。

責任持って届ける。

 

f:id:haruki-morikawa:20180930000419j:imagef:id:haruki-morikawa:20180930000433j:image

 

 

さよなら

こんばんは、森川です。

 

ネパール滞在も、あと土・日・月・火とわずか。

 

短い!

 

 

今日は2週間ほど一緒に生活したボランティアメイトのノルブがノルウェーに帰国しました。

 

寂しい。

 

出会いと別れ。

それに一喜一憂しながらも、おおらかに思い出に変えていけるのが旅人なのかなぁと。

 

思ったり。

 

彼からは色々インスパイアされました。

格好いい人だった。

 

また会う日まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

(今日は23時にして書いていないことを思い出した)

コイン

こんばんは、森川です。

 

ネパール滞在もあとたった5日を残すのみです。

早い。

 

今日は歯磨き粉を買い、おつりに寄ってこの国の通貨にコインが存在することを知りました。

(今更)

 

ところで、先程クラウドファンディング企画を終了しました。

皆さん、ご協力ありがとうございました😊

 

明日学校へと赴き学費を納めたら、まとめてこの企画について報告させていただきます。

 

 

--

ところで、昨日から、シンガポールから、ランドルとブライアンが孤児院を訪れています。

 

2人はネパールの子供達を支援するファンドを立ち上げるため、現在ネパールの色々な施設を回っているそうです。

 

とても面白い人たちです。

 

動画を作成するそうで、いつもハイテク感溢れるスマホでの撮影機器を持ち歩いています。

 

僕もインタビューしてもらいました笑笑

 

きっかけは、ランドルがトレッキング目的でネパールを初めて訪れた際に、児童労働などの子供達への過酷な環境を目にしたことだと言います。

 

どこから活動のきっかけが生まれるかなんてわからないものだなあと。

 

ノルブも含めて4人で話をしていることが多かったですが、自分の英語力のなさを実感したり。

 

ただ、僕も彼らのように、もっと色々な世界を見て、そして色々な話を聞いて、自分を見つけ出そうと、思わされました。

 

f:id:haruki-morikawa:20180928015051j:image

 

Mottainai campaign

こんにちは、森川です。

 

10月2日(火)にネパールを発ちます。

ということで残り1週間です。

 

絶賛下痢中で辛いです。

ただ後1週間、多少無理してでも頑張ります。

(トイレットペーパーの残量が気になるところ。流石に後数日の時にもう1個買い足すことになるともったいないし。笑)

 

現在、僕は3つのプロジェクト(勝手に読んでいるだけ)

を進めています。

・もったいない運動

・手紙プロジェクト

クラウドファンディング企画

です。

 

クラウドファンディングは明日まで。

どうしようかなああ。

 

ただ今日は上2つのプロジェクトについて、書こう書こうと思ってかけてなかったので、腹が落ち着いているうちに書こうと思います。

 

--

<もったいない運動について>

もったいない運動とは、(勝手に名付けているだけですが)孤児院のメンバーに”Mottainai”をキーワードに物を大切にするという意識を持ってもらおうという運動です。

 

以前少し書いたかもしれませんが、ここの人たちの物への扱いには驚くものがあります。

金がない、ものがないと言っている割には、必ずと言っていいほどお札はくちゃくちゃだし、バイクの扱いも雑だし、食べ物の管理も杜撰です。

子供達に目を向けてみると、使った後にペンを床に放りっぱなし、もしくは蓋をしない、本棚はぐちゃぐちゃ、紙もくちゃくちゃ、スリッパもどうやったらその状況が生まれるのか疑いたくなるくらいにそこらかしこに脱ぎ捨てられていました。

 

日曜日、画家さんが書いてくれたらしい彼らの似顔絵を飾ったところ、落書きされていたり、しわくちゃになっていたりした事件があった後、月曜日に彼らに向けてゆっくり話をする時間を設けてもらいました。

 

時間を設けてもらった後、どのように伝えるべきか、とても悩みましたが、以下の通りに伝えようと決めました。

形式はキーノートでのプレゼン方式/キーワードは”もったいない”

 

この結論に至るまでに、何人もの人が相談に乗ってくれました。

仲間ってありがたい。

 

形式をプレゼン形式にした理由としては、何としても彼らの印象に残したかったという点と自分が一番自信を持って伝えられる形式であるという点の2点があります。

 

前者に関しては、

まず、自分が去った後も彼らの記憶に残っている必要があり、また日々の生活の中でイメージが脳裏に浮かぶような形にしたかったということです。

デスクトップパソコンすら彼らの生活の中であまり馴染みがない中で、ラップトップでスライドを見せながらのプレゼンは、視覚にもイメージが残るし、真新しくて印象的だろうと決定しました。

 

後者に関しては、

自分が大学の中で、また学生団体の中で活動する中で、慣れ親しんできた方式だからこそ、自分の意見を一番表せるだろうと考えたためです。

この思考に至るまでに、プレゼンというのは、一つ自分の強みとして数えられるのではないかとふと思ったりもしました。

また、英語力によって伝えられないというリスクを軽減させるという意図も少なからずありました。

 

 

キーワードを”もったいない”と置いた理由としては、

彼らの耳や印象に一番効果的に残るだろうという理由からです。

どうしても、何かを説かれるという行為には抵抗感がつきまとうことが多い。でも、彼らが僕の母語日本語をはじめとして、これまでのボランティアから教わった言語を披露している瞬間には、彼らはとても楽しそうでした。だからこそ、少しでも楽しく、気軽に印象づけたいと、あえてキーワードは英語訳がない”Mottainai”をそのまま伝えることにしました。

 

また、予測していなかったことですが、このプレゼンの後に、日常生活の中で、”Mottainai”というだけで、ある程度の意識づけが笑顔とともにできるという効果も生まれており、このキーワード設定はかなり良かったなと思っています。

 

(協力してくれた方々ありがとう)

 

実際のプレゼンの際には、インタラクティブに問いかけの要素も交えながら、なるべくくつろいだ環境の中で行なったということもあり、みんな真剣に聞いてくれました。

 

こっから行動を変えていけるかが勝負と思っています。

昨日はボードにもったいないばあさんの絵を書いておくことによってかなり意識づけに効果があったようです。

f:id:haruki-morikawa:20180926164427j:plain

最近は、本棚の中も綺麗だし、スリッパもきっちり揃っているしで、嬉しいことも多いです。

続けていきます。

 

 

--

<手紙プロジェクト>

 

これは、確か最初の週に、孤児院の本棚で見つけた日本の小学生からの手紙に対して、返事を持って帰ろうという企画です。

 

縁ってあるんだなあと思わされたのは、差出人の児童たちの小学校を僕が知っていたこと、その小学校に対してコンタクトを取ってもらえるあてがあったことです。

 

そのかたに連絡を取っていただいたところ、差出人の子供達は現在中学2年生であり、地元の公立中学に基本的には進学しているとのことでした。

 

さらにその中学校にも連絡を取っていただき、企画をとても歓迎してくださっているとのこと。

教頭先生と一度お食事しましょうということになりました。(熱い)

 

僕が現時点で抱いている構想としては、

手紙を持って帰ることをきっかけに、日本の中学生にネパールの現状や、それに対してできることなどを考えてもらう機会とすること。そして、そこから支援活動へと昇華することができれば理想的です。

 

また、孤児院の子供達が通っている学校の校長とも話をしたところ、交換留学のようなことができたら理想だということになりました。

 

おそらく僕が一人で一度来ただけで終わってしまったのでは、この活動に大きな価値があるとは言い難いでしょう。だからこそ、僕が架け橋としていることで、そこから対等な"deep relation"を紡いでいけたなら。それを作り出そうと奮闘します。

 

さて、どのようなものになるのだろうか。

こればっかりはワクワクします。